写真で見る岡山の逸品

豊富な栄養分が育む海の幸

瀬戸内の恵み

穏やかな多島美が広がる瀬戸内海。岡山県の郷土料理に欠かせないママカリやサワラ、豊富な栄養分で育つ味自慢のカキや海苔など、多種多様な魚介が楽しめます。それを加工した様々な品も製造。いろいろな形で岡山の味を楽しんでください。

写真:ママカリ
写真:ママカリ

ママカリ

あまりのおいしさに、「ママ(ご飯)」が足りなくなり、漁師が隣の家から「借り」に行ったというエピソードから、岡山では「ママカリ」の呼び名で親しまれる銀肌の小魚。正式名は、ニシン科の魚「サッパ」で、青魚特有の臭みが少なく、淡白でさっぱりとした味わいが魅力です。

写真:ママカリの料理を作る風景
写真:ママカリの料理を作る風景

漁師さんの青空キッチン

魚のことを知り尽くした漁師さんのおかみさんに、ママカリを使った料理を紹介してもらいました。調理の舞台は、瀬戸内海を背景にした青空の下。笑顔に満ちた青空キッチンの模様を、レポートでお伝えします。

写真:サワラの味噌漬け
写真:サワラの味噌漬け

サワラの味噌漬け

刺身でも味わえる新鮮そのものの瀬戸内海産の本サワラを用いて作るひと品。身質の繊細さゆえに、加工には細心の注意が必要だといいます。1匹1匹、人の手で身が割れないように気を配りながら3枚におろし、カットした後、こだわりの味噌にじっくりと漬け込みます。

写真:海苔の養殖風景
写真:海苔の養殖風景

海苔

明治以来の長い歴史を持ち、高い評価を得ている岡山の海苔。その味の決め手は、瀬戸内海に流れ込む三大河川が運ぶ豊富な栄養塩と日々の地道な作業です。

写真:カキのむき身作業
写真:カキのむき身作業

岡山かきが届くまで

美しい瀬戸内海で育つ「岡山かき」は、トレーサビリティシステムを導入し品質管理にも定評があります。「安全・安心」を携えて食卓に届くまで。そのおいしさの裏側をレポートします。

写真:カキ加工品の製造風景
写真:カキ加工品の製造風景

牡蛎加工品製造 野﨑 末廣・厚子 さん

試行錯誤を重ね、地元の市や商工会などの協力を得て完成させた、牡蠣の燻製オリーブオイル漬け「海燻(かいくん)」。開発者の野﨑さんは、地産食材を取り入れた商品作りに今も余念がありません。

写真:カキ
写真:カキ

カキ

三大河川から流入する栄養塩を取り込んだ豊富な植物プランクトンをエサに、大小多数の島かげによって風波から守られたカキ筏で育つ「岡山かき」。エサとなる植物プランクトンの豊富さが、ふっくらと大粒で滋味深い、クリーミーなカキを育みます。

写真:焼きあなごの製造風景
写真:焼きあなご

焼きあなご

岡山の郷土料理「ばら寿司」に欠かせない具材のひとつ、焼あなご。砂糖、醤油、味醂、酒で少し甘めに調合したオリジナルのタレに漬け込み、香ばしく焼き上げた後に仕上げのタレをからめます。

写真:タコの天日干し
写真:タコの天日干し

タコ

全国的に知られる岡山のタコ「下津井ダコ」。「潮の流れの速い海域で育つタコは、岩場にしがみつくため足は太く短くなり、身がしまることで味が凝縮される」のだそう。その味わいは、「一年のうち、おいしくない時期は三日だけ」とも言われるほどです。

TOP