メイドin岡山の逸品たち

畳縁たたみべり製品

畳縁製品

キュートで丈夫な雑貨のいろいろ。素材はなんと、畳縁!?

写真:様々な畳縁のディスプレイ

岡山県倉敷市児島は、
国内シェアの約8割を占める
畳縁の一大産地。

江戸時代、大規模干拓地である現在の岡山県倉敷市児島地域で、塩分に強い綿の栽培が始まりました。その後、綿を用いる繊維産業が興り、小倉織りや真田紐作りが発達していきます。そして昭和時代、住宅の新築ラッシュに後押しされ、細巾織物の一種である畳縁が盛んに製造されるようになりました。
変遷する児島機業の中でも長い歴史を持つ細巾織物の伝統を守り続けているのが、倉敷市児島の唐琴地区。この地で作られる畳縁は、現在、国内シェアの約8割を占めています。

写真:髙田織物社屋外観
写真:工場内
写真:様々な畳縁

畳縁の常識を覆し、
多彩な1000種類を発信する老舗が、
畳縁の新たな用途を開発。

1892(明治25)年に「備前小倉帯地」の製造で創業した「髙田織物」は、昭和初期から畳縁を作るようになりました。
「伝統は伝統として大切にしつつ、新しい畳縁を提案し、畳という日本文化のよさを多くの人に知ってほしい」。
創業者の思いを受け継ぎ、従来の畳縁には見られなかったさまざまな色やデザインの畳縁を、全国に発信。その数1000種類というバリエーション豊富な畳縁は、「今や全国シェアの35%を占めている」といいます。

その髙田織物では、「この地が畳縁の生産地であることを知ってもらい、素材に関心をもってもらいたい」と、10年ほど前から新たな用途の開発にも取り組んできました。

写真:畳縁の製造風景
写真:畳縁の製造風
写真:畳縁の製造風
写真:完成した畳縁
写真:カードケースカードケース
写真:祝儀袋祝儀袋

デザイン性が高く、丈夫。
畳縁で作る雑貨の数々。

軽くて丈夫な畳縁は立体的な加工にも適するため、数センチ幅の織物に無限の柄が生み出されるバリエーションの豊富さも活かし、多種多様な雑貨を生み出しています。たとえば、バッグやペンケース、小銭入れ、カードケース、化粧品入れとしても重宝しそうなポーチ…。中には、畳縁でアクセントをつけた祝儀袋なども。

伝統的な素材と新たな感性の出合いが生み出した畳縁グッズを、暮らしや仕事の場に取り入れてみてはいかがでしょう。

取材協力:髙田織物株式会社

TOP