メイドin岡山の逸品たち

味噌

味噌

米どころに美味なる米味噌あり。まろやかでほどよく甘い岡山の味噌。

写真:味噌の原料の米

温暖な気候風土が育む良質な米を、
ぜいたくに使った甘口の味噌。

縄文時代の稲作の痕跡が発見されている岡山は、古くから米どころとして知られています。

そんな岡山では、昔から良質な米を用いた米味噌が造られてきました。米味噌は、大豆に米で作った米麹と塩を加えて発酵させますが、米をふんだんに用いた米味噌は、まろやかでほどよい甘さの味噌に仕上がります。

写真:まるみ麹本店
写真:美袋乃唄 糀味噌美袋乃唄 糀味噌

「健康によい食べ物づくり」を信条に、
伝統の技を大切にしつつ、
新たな技術を取り入れて、醸す。

1950年(昭和25年)創業の『まるみ麹本店』。
「日本の伝統食である味噌には、日本の気候風土で育った大豆、米、麦が最も適している」。
そんな考えから国内産の素材にこだわるとともに、よい味噌を造るために必要なよい麹を育てるため、味噌蔵の床下や壁、天井を「備長炭」で覆ったり、麹づくりに「電子イオン水」を用いたり…。
米麹をたっぷり使った味噌「美袋乃唄 糀味噌」は、昔ながらの、まろやかな手作りの味わいです。

写真:味噌
写真:味噌をチェックする職人
写真:原料の大豆
写真:味噌を醸造する樽
写真:味噌屋清治郎味噌屋清治郎
写真:紅糀みそ紅糀みそ

県内の様々な味噌蔵で造られる
味わい深い味噌の数々。

70%まで精米した岡山県産米と国産大豆を、酵母の住み着く蔵の杉桶でじっくりと発酵・熟成させる『河野酢味噌製造工場』の「味噌屋清治郎」。味噌造りに備前焼による熟成を取り入れ、古来から利用されてきた紅糀を活かして造る『馬場商店』の「紅糀みそ」。大豆発酵食品「テンペ」を米麹みそに応用した『吉田本店』の「テンペみそ」など。
それぞれに味わい深い岡山の味噌で、「わが家の味噌汁」に変化をつけてみてはいかがでしょうか。

取材協力:まるみ麹本店

TOP