メイドin岡山の逸品たち

黄ニラ

黄ニラ

生産量の7割を誇る岡山の黄ニラは、上品な香りと甘みが自慢。

写真:天日干しされる黄ニラ

明治初期から栽培がスタート。
今や全国一の生産量を誇るまでに。

鮮やかな黄色をまとい、上品な香りと風味が楽しめる黄ニラ。全国的に珍しい黄ニラの栽培が岡山でスタートしたのは、今から約140年前の明治5(1872)年の頃。一時生産量が激減したものの、昭和55(1980)年に露地での栽培方法が確立されると、飛躍的に発展。現在は、全国の約7割の生産量を担う産地へと成長を遂げ、関東を中心に黄ニラを出荷。
今では、岡山を代表する農作物のひとつとして、全国に向けて黄ニラの魅力を発信しています。

写真:黄ニラ栽培のシート
写真:黄ニラ部会部会長の伏見さん
写真:シートの中で育つ黄ニラ

太陽光を遮断することで、
上品な香りと甘みを生み出す。

全国一の生産量を誇る岡山県の中でも、岡山市北区にある牧石地区は、良質な黄ニラを栽培する一大産地。三大河川のひとつ・旭川のほとりに位置し、水はけのよい砂壌土に恵まれた場所で、多くの農家が黄ニラ栽培に励んでいます。

「黄ニラと緑色の青ニラ。実は、同じものなんです」と教えてくれたのは、牧石地区で栽培を行っている黄ニラ部会部会長の伏見さん。ニラには緑の色素と黄色い色素があり、光合成によって緑の色素が増え、全体が緑色になるのだといます。そのため、特殊な黒いシートで太陽光を遮断する「遮光栽培」という独特の方法で、光合成させないようニラを栽培。
こうして生まれる黄ニラは、美しい黄色が印象的で、上品な香りと甘みが感じられる逸品に。さらに、生でも食べられるほど繊維が柔らかく、シャキシャキとした独特の食感が、口にした多くの人を魅了しています。

写真:天日干しされる黄ニラ
写真:ニラ畑の遠景
写真:作業する伏見さん
写真:ニラの花
写真:黄ニラのおひたし黄ニラのおひたし
写真:黄ニラばら寿司黄ニラばら寿司

黄ニラの拡大を目指し
名物料理がたくさん!

さっぱりした後口なので、どんな料理にも合わせやすいと評判の黄ニラ。岡山では、普段の食卓にも上手に黄ニラを取り入れています。たとえば「黄ニラのおひたし」。軽く湯通しし、水気を切っただけのシンプルな調理法ですが、黄ニラの上品さが際立つ一品として評判です。
岡山の郷土料理の「ばら寿司」に黄ニラを彩りよく散らした「黄ニラばら寿司」も、新たな名物として定着しつつあります。

写真:黄ニラのサラダ黄ニラのサラダ
写真:黄ニラと焼肉の野菜包み黄ニラと焼肉の野菜包み

また最近では、黄ニラを使った加工品も登場しています。創業150年の歴史を誇る『とら醤油』が醸造する「黄ニラしょうゆ」は、黄ニラの風味が活きただし醤油。卵かけご飯や釜玉うどんなど卵料理と相性のよい一品だといいます。

手間と時間のかかる栽培方法のため、通常の青ニラに比べ値段は3~4倍もする高級食材としても知られ、流通量にも限りがあるため「幻のニラ」とも呼ばれる黄ニラ。郷土が誇る魅惑の逸品を、一度味わってみてください。

取材協力:JA岡山 沖田営農センター

作っている人を見る

TOP