メイドin岡山の逸品たち

帆布製品

帆布製品

自然素材と伝統の技、職人魂で生み出す帆布の新たなカタチ。

写真:綿花
写真:撚糸

江戸時代の綿栽培に端を発し、
全国一の生産量を誇る倉敷産帆布。

大規模干拓地の倉敷市では、江戸時代から塩分に強い綿の栽培が始まり、綿の一大生産地となりました。そして、綿を用いた小倉帯地などが盛んに作られるようになり、糸を撚り合わせる技術が磨かれていったと言われています。
明治時代になり、それまでに培ってきた撚糸の技術によって帆布工場が操業を開始して以降、倉敷産の帆布は、さまざまな生活用品や産業用品として全国で愛用されてきたのです。
そして現在、国産帆布の約7割を倉敷産が占めています。

写真:帆布を織る風景
写真:トートバッグ
写真:織り上げられた帆布

旧式のシャトル織機で織り上げる
味わい深き帆布を用いたバッグを提案。

倉敷市で帆布が作られ始めた明治以降、長く、名もない「白生地」でしかなかった帆布を「倉敷帆布」と名付けたのは、倉敷の二大帆布織物会社の出資協力によって平成15(2003)年に設立された『株式会社バイストン』。外国産の生地を用いる帆布メーカーが多い中、綿100%の自社製帆布を使った多彩なバッグを提案しています。

そのひとつが、A4サイズまで収納でき、普段使いに重宝する「セルヴィッジトート」。素材は、昭和40年代に廃盤となってからも大切に使い続けているシャトル織機で織り上げた帆布。織物の耳と呼ばれるセルヴィッジを活かしたシンプルなデザインは、年代を問わず好評です。
ちなみに、美しく整ったセルヴィッジは、一級帆布の証なのです。

写真:帆布を織る風景
写真:帆布の糸を拠る風景
写真:作業する人
写真:帆布のバッグ
写真:様々な帆布製品

「MADE IN KURASHIKIの誇り」を込め、
丁寧に作られた多彩な帆布製品で、
日々の暮らしを彩る。

昔ながらの風合いと強さを併せ持つ帆布の特性を活生かしたバッグ類からスタートしたモノ作りは、現在、コースターをはじめとする生活雑貨やキッチン雑貨から、椅子のシートといったインテリアまで多岐にわたっています。

写真:竹久夢二とのコラボバッグ竹久夢二とのコラボバッグ
写真:帆布のバッグ

また、岡山県出身の画家・竹久夢二の千代紙の図案を帆布で表現したバッグなど、コラボ商品も続々と登場。いずれも職人の丁寧な手仕事で紡がれた逸品は、ハードユースにも耐えられる丈夫なもので、天然綿が醸す風合いに加え、使うほどに増す風合いも魅力です。

伝統の技と帆布への愛情で生み出される温かみのある品々で、暮らしに彩りを添えてみてはいかがでしょう。

取材協力:株式会社バイストン

TOP