メイドin岡山の逸品たち

小麦粉

小麦粉

かつて「三県物」と呼ばれた岡山の小麦で作る、上質な粉。

写真:小麦畑
写真:小麦の穂

温暖・少雨な気候に恵まれた
岡山平野は、古くからの小麦の産地。

瀬戸内海沿岸に広がる岡山平野は、小麦の栽培に適した、温暖で「晴れの国おかやま」と呼ばれるほど雨の降る日が少ない地です。縄文時代の遺跡「朝寝鼻貝塚(岡山市北区津島東)」から小麦の痕跡が見つかるなど、古くから小麦が食べられていました。その後、盛んに栽培されるようになった岡山の小麦は、その質の高さから兵庫、香川と並んで「三県物」と呼ばれるまでに。

最近では、良質で希少価値の高い岡山県産小麦のみを製粉した「地粉(じごな)」が発売され、注目を集めています。

写真:小麦の粒
写真:小麦粉

原料は、良質な岡山県産の小麦のみ。
長年培ってきたノウハウで作る、
製菓に最適の「地粉」。

温暖な瀬戸内海式気候のもとで丹念に育てられ、小麦独特の豊かな風味とねばりの強さが特徴の「ふくほのか」。地元製粉会社が長年の歴史の中で培ってきたノウハウで、粒を小さくし、粗タンパク質の含有量を約8%に調整することで、菓子作りに最適の薄力粉に仕上げています。
また、岡山県津山市を中心に栽培が広がる新品種「せときらら」は、パン用の小麦粉として注目を集めています。

写真:製粉工場
写真:製粉を行う風景
写真:製粉途中の小麦
写真:手に持った小麦粉
写真:小麦粉を使った菓子作り

ケーキ、カステラ、クッキー…。
火通り、色づきのよい、岡山の小麦粉で、
しっとり口溶けのよい菓子作りを。

ふわふわのケーキや、ふんわりしっとりのパンケーキ、サクッと軽いクッキー…。家庭で上手に菓子を作るポイントのひとつが、バターや卵、砂糖などに、粉類を混ぜ込んでいく「粉合わせ」という作業です。製菓向きに製粉された小麦粉なら、粒が小さいのでほかの材料と合わせやすく、グルテンの元となる粗タンパク質が抑えられているため、軽くてなめらかな生地を作ることができます。

さらに、火の通りや焼け色のつき方まで研究された岡山県産の小麦粉で、おいしい菓子作りに挑戦してみませんか。

小田象製粉株式会社

作っている人を見る

TOP