メイドin岡山の逸品たち

あたご梨

あたご梨

風味よく、瑞々しい食感の世界最大級の梨は、贈答品として人気。

写真:手に持ったあたご梨

大きなものは2kg以上!
上品な甘さと瑞々しい食感が魅力

平均1kg、大きなものは2kg以上という世界最大級の「あたご梨」は、「くだもの王国 岡山」が誇る赤梨系の大玉梨。11月から1月にかけて出荷される晩生種で、その堂々たる風格から冬の贈答品として人気を集めています。
美しい白肌で、柔らかい果肉はたっぷりの果汁を含み、ほどよい上品な甘さと香りを楽しませてくれます。
収穫後も熟成が進むのが特徴のひとつ。数日寝かせると、さらに甘く、柔らかくなり、果汁がしたたるほどに。冷暗所や冷蔵庫で保存することで長くそのおいしさを味わえます。

写真:農園の作業風景
写真:成長途中のあたご梨

15年かけて栽培技術を確立した岡山は、
今や、国内最大の「あたご梨」の産地

「あたご梨」は、大正のはじめに東京の愛宕山近くで育成されたことから、その名が付いたといわれています。
岡山では、昭和34(1958)年に、岡山市の篤農家が研究に着手。大玉ゆえに変形果が多く摘果が難しく、赤梨は鉄サビを嫌うため梨棚に鉄パイプを用いると実に傷がつく…。数多い難題を解決するため、15年もの試行錯誤を重ねたといいます。

写真:樹になるあたご梨

その栽培技術はやがて岡山市や倉敷市など県内各地に広がり、現在は全国生産量の4割を超えるまでとなり、日本一の産地として全国に名を馳せるようになりました。

なかでも最大の産地が、明治のはじめから鴨梨を栽培し、35年ほど前から「あたご梨」を取り入れた岡山市東区の雄神(おがみ)地区です。40~50軒の梨農家が、水はけのよい南向きの斜面で丹精込めて育てています。

写真:市場の風景
写真:市場の風景
写真:出荷準備の風景
写真:切り分けたあたご梨
写真:あたご梨を紙で包む
写真:箱詰めされたあたご梨

「完全共選」を徹底し、
確かな品質の「あたご梨」を出荷。

雄神地区の「ヲ梨出荷組合」では、「完全共選」を徹底し、「見目よくおいしい梨」を提供しています。「完全共選」ではまず、生産者自身が品定めした梨を選果場に持ち込みます。集まった組合員が共通の基準で相互にその品質を確かめ、厳選した梨のみをていねいに紙で包んで箱に詰めます。
「自分の梨と他の人の梨を見比べることが、技術の向上にもつながる」。そう話し、日々研究を心がける生産者が育てる「あたご梨」。
どの箱も均一で高品質の岡山の梨を、贈答品に選ぶ人も多く、贈られた方々からは喜びの言葉が届いています。

冬の贈答品として、家族で味わう少し贅沢なデザートとして。冬にしか味わえないその美味しさを、ぜひご賞味ください。

取材協力:ヲ梨出荷組合

TOP