メイドin岡山の逸品たち

地酒[前編]~受け継がれる伝統「蔵元の技」~

地酒

「よい米」「よい水」「よい技」。三拍子が揃う岡山の銘酒の数々。

写真:岡山の河川
写真:お米

万葉集にもその名が残る吉備の酒。
備中杜氏がさらに磨いた岡山の酒。

「古人(ふるひと)の 飲(たま)へしめたる 吉備の酒 病めばすべなし 貫簣(ぬきす)賜(たば)らむ」。
三大河川の豊かで清らかな水と、肥沃な大地が育む良質な米に恵まれた吉備の国(岡山の古代の国名)は、万葉集にその名が歌われるほどに古くから酒造りが行なわれていた地です。

その味わいにさらに磨きをかけたのが、元禄年間(1690年頃)に岡山県の西部地域で誕生した備中杜氏。杜氏とは、酒造りに携わる蔵人を率いる総責任者で、酒の出来映えを決める重要な存在です。
中でも備中杜氏は、明治40(1907)年の「第1回全国清酒品評会」で第1位に入賞し、全国的にその技術の優秀さが知られるようになりました。

写真:蔵で行う音楽会
写真:燦然(さんぜん)燦然(さんぜん)
写真:酒一筋酒一筋

地の水と地の風土で、
雄町米の秘めたる旨みを引き出す。

備中杜氏が主流となって磨かれてきた岡山の酒。近年は、但馬杜氏、南部杜氏、越後杜氏なども加わり、多彩な酒が醸されています。

たとえば、備中杜氏(寄島系)の流れを汲む『菊池酒造』では、「旨みがあってキレの良い、一度飲んだら忘れられないような酒」を目指しています。音楽家としても知られる社長杜氏が、モーツァルトの音楽が流れる蔵の中で、雄町米を用いて造る「燦然(さんぜん)」は、幅のあるなめらかな旨さと、あとギレのよいやや辛口な味わいが特徴です。
また、軽部産雄町米の復活に地元農家とともに尽力した『利守酒造』は、但馬杜氏の系譜。地の米、地の水、地の風土で「真の地酒」造りを標榜しています。雄町米の旨みを十二分に引き出した「酒一筋」は、すっきりとした味わいの中にも、しっかりとした米の旨みを楽しめる逸品です。

写真:黒豆畑の仕事風景
写真:黒豆畑の仕事風景
写真:黒豆畑の仕事風景
写真:黒豆
写真:御前酒御前酒
写真:大典白菊大典白菊

酒処・岡山で醸される地酒。
多彩な味わいをご賞味あれ。

備中杜氏組合長を務めた前杜氏の熟練の技を引き継ぐ『辻本店』には、全国的に珍しい「菩提もと」製法で醸す、すっきりとした辛口の「御前酒」。
同じく備中杜氏の技を引き継ぐ『白菊酒造』には、自社で復活させた独自の酒米や無農薬の酒米など米にこだわった「大典白菊」。

写真:泡々酒泡々酒
写真:櫻室町櫻室町

造り酒屋が国の登録有形文化財に指定された『丸本酒造』には、お米を酵母の自然な力で発酵させたスパークリング純米酒「泡々酒」。
元禄元年(1688年)の創業から11代続く『室町酒造』には、国内外のコンテストで受賞を重ねる「櫻室町」。
このほか岡山県内の各蔵には、個性豊かな酒が多数揃っています。

それぞれの蔵元が醸す多彩な味わいを、ぜひご賞味ください。

取材協力:菊池酒造、利守酒造

後編「雄町米」を見る

TOP