メイドin岡山の逸品たち

黒豆・黒豆加工品

黒豆・黒豆加工品

全国有数の産地・岡山で育つ黒豆は、大粒で、コク深く、風味も豊か。

写真:黒豆の畑
写真:黒豆のさや

豊かな自然と「晴れの国」の太陽が、
本場に負けない丹波種黒大豆を育む

美しい稜線を見せる中国山地から流れ出る清らかな流れと、「晴れの国」とも呼ばれるほどにたっぷりと降り注ぐ陽光。そんな岡山県で、黒大豆(丹波種黒大豆)が栽培されるようになったのは、昭和40年代のことです。その後、水田の転作作物として導入された昭和50年代から栽培が本格化していきました。
そして今、岡山県は全国で一、二を争う有数の黒大豆産地となっています。なかでも、黒大豆の栽培に適した気候の県中北部では、本場・丹波に負けない良質で大粒の黒大豆が収穫されています。

写真:黒豆畑の仕事風景
写真:黒豆畑の仕事風景
写真:黒豆畑の仕事風景

収穫は、手作業でひとサヤずつ。
勝英地区の生産者が丹精込めた、
こだわりの「作州黒」は格別の味わい。

県北東部に位置する勝英地域は、丹波種黒大豆の原産地である兵庫県丹波地域と、気象条件がよく似ていると言われます。夏場の昼夜の気温差や立ちこめる朝霧が、大粒でコクが深く、味の濃い黒大豆を育むのだとか。

しかし、一般的な大豆とサヤのつき方が異なる黒大豆は、コンバインなどの機械導入が難しい品種。そのため収穫時は、しっかりと実の詰まったサヤだけを選び、ひとつひとつ手で摘むのだそう。なかでも特に粒の大きなものは、「宮本武蔵のように全国に作州の名をとどろかせる黒大豆になってほしい」という願いを込め、「作州黒」の名でブランド化。煮豆にした時の見映えや風味のよさ、なめらかな舌触りが格別の逸品です。

写真:黒豆
写真:手にのせた黒豆のさや
写真:黒豆の葉
写真:黒豆畑の遠景
写真:黒豆のお茶黒豆のお茶
写真:炒り豆炒り豆

お茶、煎り豆、アイスクリーム…。
「畑のお肉」黒大豆が多彩な味わいに。

吉備中央町や赤磐市をはじめ岡山各地で栽培されている黒大豆は、「畑のお肉」とも言われる大豆の一種。栄養素のバランスがよく、ポリフェノールの一種であるイソフラボンも多く含まれています。県内では、そんな黒大豆の風味を生かしたお茶や香ばしい煎り豆、ジャージー牛乳使用のアイスクリーム、せんべいなど、多彩な加工品が作られています。

また、例年10月頃には、黒大豆ならではのほのかな甘さを含んだ枝豆がお目見えします。「ビールのつまみや子どものおやつに最適」と、その季節を心待ちにする人も多いそう。

取材協力:JA勝英営農生活センター

TOP