メイドin岡山の逸品たち

ジャージー乳製品

ジャージー乳製品

蒜山の大地が育んだピュアでコクのあるジャージー牛乳の恵み。

写真:高原に放牧されたジャージー牛
写真:牛舎のジャージー牛
写真:牛舎のジャージー牛

日本有数の飼育量を誇る
蒜山のジャージー牛。

標高550~650mに広がる蒜山(ひるぜん)は、岡山県と鳥取県の県境に位置する高原地帯。高原の澄んだ空気、蒜山三座(ひるぜんさんざ)からの雪解け水、広大な大地に恵まれたこの地では、古くから「大根、米、牛乳」の農業が盛んに行われ、それらの白い産品を総称して「三白(さんぱく)農業」と呼ばれてきました。

その一つである蒜山ジャージー牛乳は、ジャージー種という乳用牛から搾乳したもの。国内で飼育される乳用牛約140万頭のうち、ジャージー牛はわずか1万頭とたいへん希少なものです。イギリスのジャージー島が原産のこの牛が、蒜山に導入されたのは今から約60年前の昭和29(1954)年のこと。当時94頭だったジャージー牛は約2000頭にまで増え、全国有数の飼育頭数を誇るまでになりました。一面緑の高原でジャージー牛が草を食む牧歌的な光景は、今では蒜山を代表する風景となっています。

写真:ジャジー牛の乳搾り
写真:ジャージー牛乳
写真:牧草を食べるジャージー牛

おいしさの秘密は
良質な土壌と牧草にあり。

ジャージー牛乳の最大の特徴は、濃厚でコク深い味わいといえるでしょう。淡い金色を帯びていることから「GOLDEN MILK」と称えられ、乳脂肪分やタンパク質を豊富に含む栄養価の高い牛乳としても知られています。

そのおいしさと品質を支えるのは、蒜山の大地で育つ良質な牧草にあります。約60年間、蒜山の酪農を牽引する蒜山酪農農業協同組合では、「おいしい牛乳は、土壌づくりから」という信条を基に、土壌を分析し、土の健康状態を管理・改良。土づくり、草づくりに精力的に取り組み、現在は28の牧場が蒜山産の良質な牧草を中心に与え、ストレスのない環境でのびのびとジャージー牛を飼育することで、ピュアで濃厚な牛乳が育まれていくのです。

写真:ミルク缶に入ったジャージー牛乳
写真:工場内
写真:チーズの製造現場

フレッシュな味わいをそのままに、
安心・安全も一緒に届ける。

まだ陽も登らぬ早朝から、蒜山各地の牧場で絞られたフレッシュなジャージー牛の生乳は、蒜山三座に位置する蒜山酪農農業協同組合に運ばれてきます。ここには、「生乳加工施設」「乳製品工場」の2つの工場が設けられています。
「生乳加工施設」では国際的に認められた衛生管理方式HACCP(ハサップ)を取得した工場内で、「安心・安全」な牛乳を製造。「乳製品工場」では、チーズ、ヨーグルトが製造され、チーズは殺菌、乳酸発酵、レンネット(牛乳を固める酵素材)の添加、カッティング、箱詰めなど、そのすべてを手作業で行い、本格的な味を追求。またヨーグルトは生乳をそのまま殺菌・発酵し、ジャージー乳本来の味わいを引き出すよう製造しています。

「蒜山で育つジャージー牛のおいしい恵みを届けたい」。
その思いから、多彩な乳製品が続々と生まれています。

写真:棚に並んだチーズ
写真:乳製品の製造風景
写真:出荷前のヨーグルト
写真:ジャージー乳製品
写真:ヨーグルトヨーグルト
写真:チーズチーズ

ヨーグルトあり、チーズあり。
濃厚な牛乳が奏でるバリエーション。

乳脂肪分が高いジャージー牛乳は、バターやヨーグルト、チーズなどの加工品に適した素材でもあります。
代表的な加工品のひとつ、ヨーグルト。上層には濃厚なクリームが、下層には風味豊かなヨーグルトがあり、異なる2層の口どけと味わいが魅力です。またチーズは、カマンベールのほか、ゴーダチーズ、スモークチーズの3種類のバリエーションで楽しめます。スイーツにも加工され、シュークリームやプリンなど、牛乳のコクと風味を生かした商品も人気です。

ジャージー牛乳で作る多彩な乳製品。高原から届く「本物の味わい」を、ぜひ味わってみてください。

取材協力:蒜山酪農農業協同組合

TOP