メイドin岡山の逸品たち

おかやま和牛肉

おかやま和牛肉

和牛ブランドのルーツ岡山で、選び抜かれた極上の黒毛和牛。

写真:おかやま和牛の牧場
写真:おかやま和牛

和牛のルーツは
ここ、岡山にあり。

和牛は古くから、中国山地(兵庫県北西部から山口県まで続く中国地方の山地)を中心に飼育され、農耕や運搬用に不可欠な「農宝」として大切にされてきました。なかでも岡山は、育種改良や優良系統牛の造成が盛んな畜産の地です。

中国山脈からの雪解け水、高原の澄んだ空気、栄養豊富な牧草・・・、恵まれた好環境で育つ「おかやま和牛肉」は、岡山で産まれ育った黒毛和牛から、格付等級(肉質のきめ細やかさや光沢等の程度)が3等級以上、BMS(枝肉の霜降り具合)がNo.4以上という厳しい認定基準に合格した牛(個体)にだけ与えられる銘柄。その肉質はきめ細かくて柔らか、和牛特有の風味と旨みがたまらない選び抜かれた一級品です。

写真:肉のふくいけ 精肉の現場
写真:肉のふくいけ 精肉の現場

おいしさを支えるのは、
衛生管理を徹底した精肉技術。

鮮魚や青果、穀物などが収穫された姿で販売されるのに対し、食肉は、と畜や精肉など多くの手間をかけなければ販売に至りません。おいしい食肉は、安心・安全に徹底した加工技術があってこそ、初めて食卓に届くのです。たとえば、岡山で3代続く精肉店「肉のふくいけ」では、食の安全を確保するため、食肉精肉業界でいち早く、国際的に認められた衛生管理方式HACCP(ハサップ)方式を導入したとのこと。肉の種類や部位ごとにカットする部屋を分けたり、時間ごとに温度を調整したりと、いくつもの厳しい規定を設け、細かいまでの衛生管理を徹底しています。

「おいしいのは当たり前。安心・安全も一緒に食卓に届けたい」。その熱い思いが、「おかやま和牛肉」の品質の底上げに貢献しているのです。

写真:肉のふくいけ 精肉の現場
写真:肉のふくいけ 衛生管理
写真:肉のふくいけ 工場内
写真:肉のふくいけ 塊肉
写真:ステーキ
写真:すき焼き
写真:カレー・牛丼のレトルト製品

「おかやま和牛肉」は、
ステーキをはじめ、加工品も続々と。

「おかやま和牛肉」は、美しい霜降り、とろける口当たり、甘みと旨みが際立つ極上品。松阪牛や近江牛、神戸牛のルーツといわれながらも、その肥育頭数の少なさから全国に流通することが少なかった幻の黒毛和牛です。そのおいしさをダイレクトにいただくなら、ステーキやすき焼き、しゃぶしゃぶや焼肉で。また、一方ではカレーや牛丼などのレトルト食品も登場し、家庭で気軽に楽しめると評判です。

「和牛のルーツ」岡山が誇る、伝統と深みのある霜降りの味わい。ぜひ、食卓でご堪能ください。

取材協力:肉のふくいけ

TOP