メイドin岡山の逸品たち

白桃

白桃

伝統と歴史に育まれた岡山ブランド

写真:白桃

美しき白肌、
瑞々しい甘さと香りをまとった、
岡山が誇る名産品。

全国屈指の桃の産地として知られる岡山県。他県の桃が紅色を帯びているのに対し、岡山で栽培される桃は、上品なまでの白い果皮が特徴です。美しい白肌をまとった姿から「白桃」と呼ばれ、均整のとれた姿形、とろけるような果肉、華やかで高貴な香り、甘く瑞々しい食感を楽しめる桃の最高級品として多くの人に愛されています。岡山の白桃として高く評価されている「清水(しみず)白桃」の生産量は全国第1位。岡山発祥の岡山ブランドとして、全国にその名をとどろかせています。

写真:白桃畑
写真:袋をかけた白桃の実

農家の惜しみない努力と愛情が、
最高の白桃を作り出す。

岡山の桃作りは、今から約140年前、明治8(1875)年にまでさかのぼります。中国から導入された「天津水蜜」「上海水蜜」という2種類の桃をきっかけに、本格的な栽培が始まりました。瀬戸内の恵まれた気候風土、長きにわたり蓄積された先人の栽培技術が実を結び、明治34(1901)年、ここ岡山で初めて白桃が誕生しました。まだ小さい実のうちから、一つひとつ手作業で袋がけを行うという全国でも珍しい栽培方法は、害虫や雨風の被害を防ぐだけでなく、直射日光による硬化も防止。そうすることで、上品な白さ、繊細でとろけるような果肉、極上の甘みをたたえた白桃が生まれるのです。

写真:木になる白桃

そんな岡山の白桃栽培は、枝一杯に付けた蕾を摘み落とすことろからはじまります。徐々に実を太らせたら、木の勢力、枝の強さを見極め、数回に分けて摘果を繰り返します。そうして残った幼果を、1玉、1玉、丁寧に袋に収めていくのです。当然ながら、これらはすべて手作業で行われています。人の感覚、長年の経験が頼りとなる繊細な手仕事が、岡山の桃作りを支えているのです。

収穫期間がとても短く、実自体が非常にデリケートなため、手入れ時はもちろん、出荷時もとても気を遣います。「岡山の桃は大きくて、美しく、味も逸品」。そう称賛されるクオリティの高さを維持できるのは、桃農家の努力と愛情が詰まっているからなのです。

写真:白桃の実と皿に盛った白桃
写真:白桃の実
写真:皿に盛った白桃
写真:出荷前の白桃
写真:出荷前の白桃

確かな品質の白桃を、
新鮮なうちに全国へ届ける。

収穫された白桃が、真っ先に向かうのが選果場です。光センサーの先進技術で白桃の糖度を測定し、さらに重量計測装置でサイズを選別します。デリケートな白桃を傷つけることのないよう、丁寧に慎重に作業を進めていき、その日のうちに岡山中央卸売市場へ出荷します。

写真:岡山中央卸売市場
写真:岡山中央卸売市場の競りの様子

岡山中央卸売市場は、白桃をはじめ、野菜や鮮魚、花卉(かき)などが一堂に集まる物流拠点。まだ陽が昇らない早朝から競りが始まり、競り人の威勢のよい呼び声に応じて、買い手が次々と白桃を落札していきます。何十人もの買い手の指の動きを瞬時に見極め、落札していく様子はまさに職人技。
さらに、生産者が大切に育てたデリケートな桃を傷つけないよう、市場関係者も丁寧に白桃を取り扱うことで、新鮮で瑞々しい白桃がスピーディに全国へと運ばれるのです。

写真:清水白桃清水白桃
写真:おかやま夢白桃おかやま夢白桃
写真:白桃の皮を手でむく

白鳳はくほうに、清水しみず白桃に。
6月から9月にかけて、夏を告げる
桃のリレーが始まります。

6月の極早生「はなよめ」を皮きりに、7月の「白鳳」「清水白桃」、8月の「おかやま夢白桃」、そして9月の「黄金桃(黄桃種)」まで途切れることなく、多彩な桃を岡山から全国へお届けしています。夏の短い期間しか味わえないこの逸品は、大切な方への贈答品として、シーズンになると全国から注文が殺到することも。

桃の保存は、風通しの良い常温が適しており、食べる1、2時間前に冷蔵庫に入れると、さらにおいしさが増します。食べ頃は、青みが抜け、桃の甘い香りが強く感じられる頃で、手で皮がすーっとむけるぐらいの柔らかさが最も美味しく食べられます。

写真:白桃をいただく
写真:白桃ゼリー

桃はそのまま食べるのが一番おいしい食べ方といわれていますが、ジャムやゼリーなど、果実本来の甘みや果肉を余すことなく閉じこめた加工品も次々と登場。桃の新しいおいしさを届けるギフトとして話題を集めています。

封を開けた瞬間ふわりと広がる白桃の甘い香りは、手に取った人を笑顔にさせる夏の贅沢な便り。岡山が誇る名品・白桃がもたらす、極上の甘みと至福の余韻を、今年もぜひお楽しみください

取材協力:エコファームMITANI / フルーツランド岡山

作っている人を見る

TOP