メイドin岡山の逸品たち

果物ゼリー

果物ゼリー

旬のおいしさを一年中楽しめる。「くだもの王国」ならではの贅沢なゼリー。

写真:白桃
写真:白桃

マスカット、ピオーネ、白桃…。
岡山の果物の美味を全国に届けたい。

さまざまなフルーツを生産し、「くだもの王国」と呼ばれる岡山県。瀬戸内の温暖な気候と、先人たちが明治時代から培ってきた優れた栽培技術に育まれ、甘くておいしい果物が収穫されています。

マスカットやピオーネ、白桃をはじめとするさまざまな果物は、旬を迎える初夏から秋にかけて、県の内外を問わず数多くの人に愉しまれています。そんな旬にしか味わえない「岡山自慢の味を、季節を問わず、全国の人々に届けたい」。熱い思いから、果物をふんだんに用いたゼリーが生まれました。

写真:手作業風景
写真:手作業風景
写真:ゼリー

おいしさを支えるのは、
丁寧な手作業による一次加工。

実は、果物ゼリーの味わいは、皮をむき、種を取り、シロップ浸けにする一次加工に大きく支えられています。果物の「生」の味をそのまま生かしたシロップ漬けがあってこそ、ゼリーの中に果物のおいしさを閉じ込めることができるのです。
たとえば、昭和10年創業の果実加工メーカー『角南製造所』では、桃は完熟した実を選りすぐって人の手で1つ1つ湯むきに、ブドウも1粒1粒を手むきしています。その実を香料などの添加物は一切用いず、適度な甘さのシロップ漬けにすることで、旬の味を大切に保っています。さらに、それらを使ったゼリーも独自に製造。とくに「すりつぶしタイプ」は、ミキシングの際に職人が手で果実の繊維を取り除くというこだわりぶり。なめらかな食感が、果物そのものの味をより際立たせています。なかには岡山で盛んに栽培されているフルーツトマト「桃太郎トマト」を丸ごと使ったひと品も。岡山の旬の美味が魅惑のゼリーに生まれ変わっていきます。

写真:コラーゲン入りのスティックタイプコラーゲン入りのスティックタイプ
写真:清水白桃の半割りを使用したゼリー清水白桃の半割りを使用したゼリー
写真:果肉感たっぷりのジュレ果肉感たっぷりのジュレ

各メーカーが味を競い、
バリエーションも豊富。

岡山県内にあるメーカー各社では、それぞれに工夫を凝らし、さまざまな味わいや食感のゼリーを作っています。
たとえば、『清風庵』では、岡山県産の清水白桃の半割りを贅沢に使用したゼリーに、『果実工房』では、契約農家が育てた白桃やマスカットといった県産果物を用い、女性に嬉しいコラーゲン入りのスティックタイプに、『玉島おかみさん会企業組合』では、地元・玉島産の完熟清水白桃を、甘く上品な香りが漂う果肉感たっぷりのジュレに仕上げています。
「果肉入り」、「すりつぶし」、「コラーゲン入り」…。多彩にそろうゼリーで、岡山自慢の味をご堪能ください。

取材協力:株式会社角南製造所

TOP